No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[128]

Gの時は、俺も、いたよ!5人だよ!(笑)
(←通過の時に裏切った野郎/でも通過ログ合成で結局巻き込まれた野郎)


藤倉ならピンクのクマもまだ様になると思うy(殴)
07.26(Wed) // 投稿者(天崎大和) // 編集 // Top

[129]

弘人くんの馬鹿ああああああ!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。(マッテ
初対面の日付覚えてるやつなんか誰一人いねえよ!でも認定証はいらない!笑
ちょ!公爵家の子息になりたかったとか今更言われると恥ずかしい!!!笑

ぴんくのくまなら大和くんのが様になるだろ^^^^^^

[130]

■大和くん
そうだよ!いたよ!で俺が合成したんだよ!なんで忘れてんだよ・゜・(ノД`)・゜・笑
後でかきなおすから、記憶を抹消したまえ(・∀・)←

だーよーねー様になるよね♡
07.26(Wed) // 投稿者(柚姫) // 編集 // Top

[131]

■2連続犠牲者
ははは、ヒロ君に馬鹿とかいったらヒロ君頭の上に疑問符浮かべちゃうよ。笑
いやいや覚えてる子はきっといるよ!いるはずだよ!笑
冬の話にしなくちゃいけなくて、テニスコートでの話を入れたかったので
公爵家の子息になりたかったんです(…)ネタを取り入れました、無断d)`ν°)・;'.,

そして、俺がネタにしやすい人は犠牲者になる回数が増えます。朝雅くんと俺と水は書きやすいからあら大変(・∀・)
07.26(Wed) // 投稿者(柚姫) // 編集 // Top

[132]

Σぶは、直されてる(笑)
しかも裏切り→合成まで追記されてる(笑)
よし、ならついでに人数も修正しとけ(細かいよアンタ)

誰一人いねぇよ、って…はいはーい、俺涼樹とタイジュは出会った日覚えてるー(←覚えてる奴ここにいた/ばくし)

ピンクのクマ……いや、俺は似合わんだろ…!!確かに寝る時ピンクのグルーミー抱いてるけd(もがっ)
07.26(Wed) // 投稿者(天崎大和) // 編集 // Top

[133]

■大和くん
ははは、真実をつたえなければ(・∀・)
ああああああ人数ワスレテタ!ワスレテタ!OTZ
なんか一人多いなら判るけど少ないってなんか怖いな!・゜・(ノД`)・゜・

話してるそばからここにいたばくしょう さすがだね(・∀・)
俺大体の月しか覚えてない子がおおいや。笑

ぐるーーーーみぃぃぃぃぃぃばくしょう
07.26(Wed) // 投稿者(柚姫) // 編集 // Top

[134]

いや、多いほうが怖いよ!少ない分にはまだ抜かして数えた、って考えられるけど、多かったら「アナタ誰を余分に数えたの!?誰か他にいるの!?」って事に…!!(笑)
(ちなみに、人数、あと、2箇所、間違った、まま、だよ/←)


グルーミー抱いてて悪いかぁぁぁ!!!!(←)
07.26(Wed) // 投稿者(天崎大和) // 編集 // Top

[135]

■大和くん
∑OTZ ちょ、まじか!ちょっとまって、目が完璧に覚めてる今もう一度見直してくる←
今見直してきたー。うんまだ一個間違ってたわー4人て書いてあった。笑
でも「4人で炊飯器開けたら~」のは、結局大和くん通過してないんだからいいんじゃね?あれ?笑

え、だって大和くんの隣にいるじゃない、ボールもった女の子が^^^^^^←
いや、ごめんむしろ羨ましいよ(素/グルーミー大好き
07.26(Wed) // 投稿者(柚姫) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://koyuki1224.blog40.fc2.com/tb.php/173-8f08d054
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

No. 173 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 07 ・ 26

02.雪の降る空僕等は水の中

主演 藤倉水
助演 新井弘人
エキストラ 吾棹朝雅・紅葉柚姫(モノローグで上月彩人と佐藤誠一)

多分1月中旬頃の話しな、はず。
あんまり笑い要素がなかった・゜・(ノД`)・゜・
水の日記見ながら書いたけど、出会った時期とかなんかいろいろ違ったらごめんOTZ

昨日見直ししないで寝ちゃったから、今見直して修正かけてきました。
昨日と違うじゃん!と思ったそこの君は昨日の記憶を抹消しなさい(・∀・)
【雪の降る空僕等は水の中】


このお話は冬のお話――――。


過去にさかのぼる事数ヶ月。まだ雪も降る寒い日のこと。
中庭をぶらぶらと歩いている彼の名前は藤倉水。
11月に入学し、半年も経っていないが高校生活にはもう慣れてきたようだ。
これも出来の良い先輩のおかげ。……かもしれない。

「あー……寒いなあ。なんか天気悪いし…。」
かじかむ手を擦り合わせ、誰か来ないなと呟いてみる。
暇なので誰かと話したいのだが、こうも寒いと人はあまり来ないらしい。
まだ来たばかりだし、少し待ってみよう。で、誰も来なかったら今日は帰ろう。
そう決めた水は中庭にあるベンチに腰をかけた。

待っているだけなのもつまらないので、何か一人で出来る事はないか。
では、入学してから起きた色々なことを思い出してみようと思い立った。
誰もいないし、口に出して順々に呟いてみた。

「あー…そういえば赤毛にした時もあったなあー…。」
公爵家の子息になってみたかったから髪の毛を赤にしたらしい。
「第二体育館で彩人くんとユッキーと誠一くんと大和くんと僕の5人で話してた時にGの話題もでたよなー…。」
そしてその後、4人で炊飯器開けたら泡に包まれたGがいました通過をしたとかしてないとか。
ただし大和が裏切った為に、柚姫が写真を合成して5人での通過になったとかちがうとか。
「それからテニスコートでユッキーとカノン君と………いや、アレは思い出さなくていいや…。」
テニスコートで朝鮮人参ジュースだかを飲まされたカノンが吐き、つられて柚姫が吐き、それにつられて水が吐く。
これこそ、もらいGER○(伏字)の究極形態である。
後日談だが、この惨劇を目撃したK.T及びR.Mの記憶を抹消しようとしたピンク髪の人物がいたとかいないとか。
「…………折角思い出さなくていいやと思った出来事をなぜか思い出しちゃったよ!ちくしょーーー!」
そしてその記憶は生涯、彼の記憶に刻まれる事となったのである………。
「ちょっとまて、そこ。勝手に僕の記憶に刻み込むな!!!」
彼は一体誰と話しているのだろうか、と周りに人がいたら思うであろう。
本人もそれに気づいたらしく、慌てて回りを見渡したが、運よく人影は見えなかった。が。
「…怪しい奴がいると思ったら……藤倉だったか…。」
「!!!」
後ろから聴こえた声に振り向いてみると、そこにはだるそうな顔をした青年―新井弘人がいた。
「弘人くん…!ちょ、待って、どのあたりからいた?!」
「今来たばかりだが…。」
それを聞いてほっとするのも束の間で、弘人がさらりと口に出した言葉に水は大ダメージを受けた。
「…記憶を掘り返すのはいいが……これからは人がいない所でやった方がいいと思う…。」
「……え、ちょ…!今きたばっかりっていったじゃんか!」
「俺にとっての今は……藤倉が独り言を喋り始めた所…という事で…。」
まったくもって意味がわからないが、これ以上何を言っても無駄だろう。
そう思った水は、自分の羞恥心を大きなため息とともに吐き出した。



弘人と水が会ったのは11月の初め頃。
水が入学したばかりの頃だ。残念ながら正確な日にちを本人が覚えていないので、彼にはあるつ認定賞を渡そうと思う。
まあそれはさておき、弘人と出会って2ヶ月くらいが経った。
その2ヶ月の間に何回か話したが、未だに彼の性格が掴み切れていない水であった。

「…よし、行くぞ。」
「行くぞって………どこに?ていうか主語入れようよ。」
「この時期に行くといったら……あそこしかないだろうが…。」
「あそこ…?暖かいとことか?」
「はあ……藤倉はダメダメだな…。」
水の答えは一般常識的には正解、なはずである。
「ダメダメだなって…。じゃあどこいくの?」
「…海……だ。」
「………海?!こんな寒いのに?!」
「夏の海は……ありきたりすぎる。」
ありきたりといえばありきたりだが、海に旬があるとするならば夏な訳で。
冬にいっても泳げないので、あまり楽しい場所ではない。一般人にとっては。
弘人は一般人ではないということで、ここは話を進めてほしい。     (苦情なんて受け付けてやらねえよ!けっ!←
「うんまあいいけど……。じゃあちょっとまって、僕サンダル持ってくるー。」
「サンダルなら……ここに…。」
自分の前に差し出されているサンダルの柄と色を見て、軽い絶望を感じつつ
どうして弘人君がこんなものを持っているんだろう、と水は思った。
なぜなら、そのサンダルの柄は……
「ピンクのクマ……どうだ。可愛いだろう。」
「………。





「…………寒い。」
潮騒を耳にしながら、水は呟いた。寒い真冬に海に来るのだから、寒いのは当たり前である。
しかも、制服が濡れないようにズボンを膝下まで捲り、サンダル(ピンクのクマ柄)を履いているので寒さ倍増だ。
「…いいじゃないか……。寒いのに耐えるのも…。」
「いや、全然よくないよ!ホント寒いよ!弘人くんよくジャージで寒くないね!」
濡れていない砂浜にいる水に対し、弘人は波打ち際で足をぬらしていた。
しかも着ているものは風通しの良いジャージだ。普通は寒いはず。
何度も言うようであるが、弘人は普通ではないので、何ら問題は、ない。
「おい…藤倉。ちょっと…こっちに来てみろ。」
「人の話聞けよおい!………で、なに?」
招かれた水は素直に弘人の方、そして波打ち際に近づいていく。
「そこに……くらげの死体が。」
「へ…………うわっ!」
時既に遅し。弘人が指さしたクラゲを見事に踏んでしまった水は、バランスを崩し、弘人の方に倒れこんだ。
大型でも軟弱な弘人に、水の体重を支えられる訳がなく、そのまま二人は海の方へダイブした。

「うはあああああああさみい!しょっぱい!死ぬ!死ねる!」
「…さすがに…水に浸かると冷たいな。」
水はぎゃーぎゃーと喚きながら足早に海から上がり、服を絞っていた。
濡れないようにとズボンを捲くり、サンダルを履いていたのに結局濡れてしまった二人である。

ゆっくりと上体を起こした弘人の視界、白いものが飛び込んだ。
「雪…か?」
中庭にいた時から天気が悪いとは思っていたが、まさか雪が降るとは。
「へーっくしょい!!……あれ、雪?ちょっと弘人君。何時までも水に浸かってたら風邪ひくよ?」
「水も滴る…良い男っていうじゃないか…。」
「滴らせるのはいいけど、それで風邪引いたら良い男じゃないでしょ。ほら、帰るよー。」




後日。二人は見事に風邪を引いてしまった。
「さーむーいー…。」
「………おかゆ。」
そのあと朝雅と柚姫のつくった朝鮮人参入りのおかゆを食べさせられたとかそうでないとか……。
スポンサーサイト
小説 // コメント(8) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[128]

Gの時は、俺も、いたよ!5人だよ!(笑)
(←通過の時に裏切った野郎/でも通過ログ合成で結局巻き込まれた野郎)


藤倉ならピンクのクマもまだ様になると思うy(殴)
07.26(Wed) // 投稿者(天崎大和) // 編集 // Top

[129]

弘人くんの馬鹿ああああああ!!!!。゚(゚´Д`゚)゚。(マッテ
初対面の日付覚えてるやつなんか誰一人いねえよ!でも認定証はいらない!笑
ちょ!公爵家の子息になりたかったとか今更言われると恥ずかしい!!!笑

ぴんくのくまなら大和くんのが様になるだろ^^^^^^

[130]

■大和くん
そうだよ!いたよ!で俺が合成したんだよ!なんで忘れてんだよ・゜・(ノД`)・゜・笑
後でかきなおすから、記憶を抹消したまえ(・∀・)←

だーよーねー様になるよね♡
07.26(Wed) // 投稿者(柚姫) // 編集 // Top

[131]

■2連続犠牲者
ははは、ヒロ君に馬鹿とかいったらヒロ君頭の上に疑問符浮かべちゃうよ。笑
いやいや覚えてる子はきっといるよ!いるはずだよ!笑
冬の話にしなくちゃいけなくて、テニスコートでの話を入れたかったので
公爵家の子息になりたかったんです(…)ネタを取り入れました、無断d)`ν°)・;'.,

そして、俺がネタにしやすい人は犠牲者になる回数が増えます。朝雅くんと俺と水は書きやすいからあら大変(・∀・)
07.26(Wed) // 投稿者(柚姫) // 編集 // Top

[132]

Σぶは、直されてる(笑)
しかも裏切り→合成まで追記されてる(笑)
よし、ならついでに人数も修正しとけ(細かいよアンタ)

誰一人いねぇよ、って…はいはーい、俺涼樹とタイジュは出会った日覚えてるー(←覚えてる奴ここにいた/ばくし)

ピンクのクマ……いや、俺は似合わんだろ…!!確かに寝る時ピンクのグルーミー抱いてるけd(もがっ)
07.26(Wed) // 投稿者(天崎大和) // 編集 // Top

[133]

■大和くん
ははは、真実をつたえなければ(・∀・)
ああああああ人数ワスレテタ!ワスレテタ!OTZ
なんか一人多いなら判るけど少ないってなんか怖いな!・゜・(ノД`)・゜・

話してるそばからここにいたばくしょう さすがだね(・∀・)
俺大体の月しか覚えてない子がおおいや。笑

ぐるーーーーみぃぃぃぃぃぃばくしょう
07.26(Wed) // 投稿者(柚姫) // 編集 // Top

[134]

いや、多いほうが怖いよ!少ない分にはまだ抜かして数えた、って考えられるけど、多かったら「アナタ誰を余分に数えたの!?誰か他にいるの!?」って事に…!!(笑)
(ちなみに、人数、あと、2箇所、間違った、まま、だよ/←)


グルーミー抱いてて悪いかぁぁぁ!!!!(←)
07.26(Wed) // 投稿者(天崎大和) // 編集 // Top

[135]

■大和くん
∑OTZ ちょ、まじか!ちょっとまって、目が完璧に覚めてる今もう一度見直してくる←
今見直してきたー。うんまだ一個間違ってたわー4人て書いてあった。笑
でも「4人で炊飯器開けたら~」のは、結局大和くん通過してないんだからいいんじゃね?あれ?笑

え、だって大和くんの隣にいるじゃない、ボールもった女の子が^^^^^^←
いや、ごめんむしろ羨ましいよ(素/グルーミー大好き
07.26(Wed) // 投稿者(柚姫) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

02.雪の降る空僕等は水の中 のトラックバックアドレス
http://koyuki1224.blog40.fc2.com/tb.php/173-8f08d054
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。